阪神経営研究会とは

日創研阪神経営研究会 > 阪神経営研究会とは

私たちは健全な経営を志し、
経営を学ぶ団体です。

日創研阪神経営研究会は、「共に学び、共に栄える」理念のもと、会員同士の悩みや情報を心から分かち合い、共に学び合い切磋琢磨し、相互に励まし合い支え合う、という考え方で運営しております。業績の向上と顧客満足の追求のための学びを通じ、地域社会の貢献と社員さんやパート、アルバイトの皆様の社員満足(従業員満足)や幸せのために学んでいます。

1つの理念

「共に学び、共に栄える」

日創研経営研究会の会員は、学ぶことがすべての経営の基本と考える。謙虚に一人一人が学び自らを律せられるようになった時、私たちの会社は理想の職場になり更に栄えていくのである。共に学ぶ心が自分の会社を、そしてそこで働く社員さん一人一人の家庭、人生を、更にこの社会を繁栄させる源泉になるのである。共に学び共に栄える精神をもって日創研経営研究会の理念とする。

2つの目的

  • 1. 社会貢献(人の役に立つ社会に成る)
  • ・人財の雇用と育成
  • ・納税による地域社会、国家への貢献
  • ・新商品、新技術の開発
  • ・環境への貢献
  • 2. 適正利益の確保
  • ・活動の存続
  • ・社員の高所得、高福祉
  • ・職場環境の改善

3つの誓い

  • 1.私たちは、汗を流すことを忘れません。投機的なことは、一切手をつけず、健全な経営を心がけます。
  • 2.私たちは、社員さんを単なる雇い人として考えるのではなく、経営のより良きパートナーとして、人財の育成に全力でつとめます。
  • 3.私たちは、正しい納税を通して、社会に貢献します。

会員心得十ヶ条

  • 1.私は今日一日、自らの成長にコミットし、仕事・職場を通して学びます。
  • 2.私は今日一日、自らの職場に感謝し、自己の存在価値を100%与え、成果を創り出していきます。
  • 3.私は、親、祖先、家族を大切にいたします。
  • 4.私は今日一日、自分のまわりに肯定的なコミュニケーションをはかり、自らの尊厳を示します。
  • 5.私は今日一日、全てのことに最善を尽くし、自らの人生に豊かさと喜びをもたらします。
  • 6.私は今日一日、自らの身だしなみや心を調え、他から信頼を得ることにつとめます。
  • 7.私は今日一日、明朗活発にして”ハイよろこんで”の気概で楽しく過ごします。
  • 8.私は今日一日、主体的に意志決定し、リーダーとして結果に対して責任をとります。
  • 9.私は今日一日、会の成長・発展に貢献し、今日一日の私の課題を全力で達成することにつとめます。
  • 10.私は今日一日、日創研経営研究会の1つの理念、2つの目的、3つの誓いを確認し、自らがその実践者たらんことを誓います。

経営研究会本部

会長挨拶

「共に学び 共に栄える」の理念の基、経営研究会の会員は、学ぶことがすべての経営の基本と考えて、毎月1回の例会の開催、そして各委員会による小勉強会を開催し、経営の研究をおこなっているのが経営研究会です。
会社経営をする上で、色々な場面で意思決定をしますが、意思決定は経営者の思考で大きく変わります。可能思考を通じて、経営者の意思決定力を上げる事が、経営者にとって必要なスキルの1つです。
私達と「共に学び 共に栄える」の理念を共有し、社会から必要とされる企業経営を共に目指して参りましょう。

活動内容

2022年度は、総務委員会・広報会員拡大委員会・経営理念委員会・リーダーシップ委員会・経営計画特別委員会・営戦略委員会・公式教材ありがとう委員会の7つの委員会で、会員がそれぞれに所属し、例会、勉強会を通じて経営スキルを高めます。そして、全国大会(2023年 函館大会)、東京特別研修(11月)、経営研究会の最大の学びである、全国経営発表大会では、全国から色々な業種の経営者が集まり、自社の財務も公表し、真剣な発表、的確なアドバイスをし合い、経営スキルを高め合っています。
※現在は、すべてオンラインでの開催となっております。

代表 阪神経営研究会 2022年度 会長 竹本賢一

活動実績